ヒトがオモテ 俵ヶ浦半島

Blog & News

東京と佐世保ミーティング、大盛況で終了。

俵ヶ浦半島未来計画の実現に向けて、チーム俵メンバーを中心に取り組んでいる 取組みの課題をどう解決するか、さらなる半島の活性化につながる応援者や事業者との 素敵な出会いを求めて開催した「東京と佐世保ミーティング」。 10月19日に東京渋谷のCOHSA SHIBUYAで開催しました。 想像を上回る反響があり、定員30名に対して急遽枠を増やし、 当日は約40名の方にご参加いただきました。 (お断りした方も多数いらっしゃいました。この場を借りてお詫び申し上げます)
一次会のテーマは「今の佐世保・俵ヶ浦半島活性化のリアルを知ってもらう」。 冒頭に佐世保市担当者より佐世保・俵ヶ浦半島活性化プロジェクトの紹介を行なった後、 チーム俵の代表・部長と彼らをサポートするサポートチームメンバーの掛け合いで 半島における取組みの現状やリアルな課題・想い・本音を参加者に向けて語りました。 当日は仕事の関係でチーム俵の尾崎代表とトレイル部山口部長は会場に来れませんでしたが、 ネット中継で会場とつないで参加。半島のリアルな現状や想いに参加者は真剣に耳を傾け、 時には笑いの渦が巻き起こりました。
二次会は2階に移動して、参加者との交流タイム。 佐世保出身者や佐世保にゆかりがある人・・・ みなさん何かしら佐世保に思い入れがある人ばかりが集まり、 グループに分かれてのディスカッションは大盛り上がり。 終盤には参加者数人による勝手にプレゼン大会も行われ、 あっという間に2時間が終わりました。 まだまだ話し足りない人が多く、二次会が終わった後も会場にはたくさんの方が残り、 参加者同士やチーム俵・サポートチームメンバーとの交流が続きました。
初めての試みでしたが、大盛況のうちに幕を閉じることができました。 このご縁をどう深めていき、半島の活性化につなげていけるか。 俵ヶ浦半島と佐世保ファンによる新たな活性化の第2章が始まります。


会場となったCOHSA SHIBUYAの外観


1次会の会場の様子


佐世保と俵ヶ浦半島の今を紹介


ツッテホッテへの想いを語るご当地部・中里部長


仕事で来れなかったトレイル部山口部長はネット中継で参加


チーム俵尾崎代表の愛らしいキャラに会場は笑いの渦に。


廃校活用への想いを語る学校部・森宗部長


佐世保グルメの登場に、参加者は懐かしがって写真を。


二次会の会場の様子


二次会のディスカッション風景


二次会のディスカッション風景


二次会のディスカッション風景


参加者による勝手にプレゼン大会


二次会の締めは森宗部長と中里部長。


みんなで集合写真


二次会終了後も参加者は会場に残って親睦を深めました。