俵ヶ浦半島の魅力発信!!|チーム俵

Blog&News

Blog & News

November 1 2019

気づきの多かった「半島meets公開インタビュー」、盛会のうちに終了。

俵ヶ浦半島活性化プロジェクトのサポートチームリーダー、
株式会社ルーツ・アンド・パートナーズの佐藤です。

先日の10月29日、佐世保市万津町のBRICKMALLにおいて、
半島meets…の公開インタビューイベントが無事に終了しました。

テーマは「計画を実行するうえで大切なこと」。
俵ヶ浦半島の活性化に当事者としてではなく、住民参加による計画づくりや
プロジェクトの実走を外部の立場からサポートするプランナー・プロデューサーの
視点から、改めて事業を振り返り、ヒントを得ようという企画。

対談相手は、ソーシャルデザインの実践と研究を重ね、全国の地方創生プロジェクト
にも多く取り組んでいるissue+designの筧 裕介さん。
私も気がつけば、筧さんの書籍は何冊も愛読しており、高知県佐川町の総合計画
づくりをケーススタディにした「みんなでつくる総合計画」は、俵ヶ浦半島の
未来計画を作るうえでとても参考にさせていただきました。

そんな私にとっては、地方創生の先生である筧さんを相手に2人きりで対談し、
しかもその対談を地方創生に関心のある人達に公開するなんて、もうプレッシャー
でしかありませんでした。もちろん、俵ヶ浦半島の計画から実践までをずっと
関わってきた立場として聞きたいことがないわけではなく、解決できずにモヤモヤ
することや同じプロデューサーの立場として筧さんならどうするんだろうと思いを
巡らせることはたくさんあります。

もうあまり人の目は気にせずに、私自身が俵ヶ浦半島をはじめ、地方創生に関わる
中で感じていることや疑問に思っていることをぶつけてみようと開き直りました。

そして迎えた当日。地元佐世保市をはじめ、県内・佐賀県からも参加があり、
スタッフも入れると50名近くの参加者で会場は埋めつくされました。

会場の様子。地方創生に興味ある参加者に多数ご参加いただきました。

今回のインタビュー企画をプロデュースしてくれた、カンバセーションズの狩野さん
の開会挨拶でスタート。

司会進行を務めたカンバセーションズの狩野さん。

まず最初に、俵ヶ浦半島活性化プロジェクトの経緯について、佐世保市集落支援員
である富田さんに説明してもらいました。トレイルづくりから始まり、地域の課題
を解決するべく半島の未来計画づくりに着手し、そして計画に基づいた活性化
プロジェクトのこれまでと現在について。
改めて振り返ると、「色々と取り組んできたなぁ」としみじみ。

俵ヶ浦半島活性化プロジェクトの説明をする集落支援員の富田さん。

そして、いよいよ筧さんとの公開インタビュースタート。
今回私が用意したのが、「筧さんに聞きたい5つのこと」。
筧さんの地域づくりへの関わりからお尋ねし、半島未来計画の参考になった
高知県佐川町を事例とした住民をやる気にするための計画づくり、
計画から実践へと地域づくりを続けるためのポイントやチームづくり、
そして近年筧さんが注力している地方創生とSDGsまで。
あとは話を進める中で脱線しながら肉付けしていこう、そんな気持ちで臨みました。

インタビュー対談の様子。手前が私、奥が筧さん。

インタビューをする前は、筧さんが果たしてどんなスタンスで、深さで、
考え方で、地域と向き合っているのかがずっと気になっていました。
もしかすると、専門家としての確固たる考えがあり、地域や行政に対しても
こうしなければならない!そんな人なのかもと。。。

でも、完全なる杞憂に終わり、地域に対して寛大な心と柔軟性を持った人だなぁと
びっくりしました。それもこれも、高知県佐川町で地域に入り込んで、色々と試行
錯誤を繰り返してきたからこそ見えているものを感じました。

私がプロデューサーとして最も感銘を受けたことは、住民のやりたいことを実現
することが第一だということ。ともすれば、私のようなコンサル的な立場や専門家
が地域に入ると、「これが答えだ!」「こうした方が良い」「市場はこうなって
いる」と言いがちなところがありますが、筧さんはアプローチが全く逆でした。

住民がやりたいことを可視化する、その想いを引き出すための場づくりを徹底的
に準備し、目標やイシューへと落とし込む。そのやりたいことがまとまって
きたら、緩やかに同じ方向を向くためにビジョンを添えてあげる。

佐川町の発明ラボのお話では、住民の作りたいものをまずは丁寧に聞いて、実践
する環境を作って、そしてプロトタイプができた段階で専門家のスキルを借りて
仕上げていく。専門家の関わりも、あくまで住民の想いを可視化する最終段階。
住民のやりたいことが湧き出る「地熱」を生み出すためのアプローチがなんとも
明快で、ずっと話を聞いていたいと思う時間でした。

高知県佐川町の発明ラボの事例。住民のやりたいことをいかに可視化するか、とても参考になる事例でした。

もう一つ印象に残ったのが、地方創生にSDGsの考え方を取り入れたアプローチ。
目の前にある課題に対して解決策を考えるのではなく、その課題を引き起こして
いる原因は何か?SDGsの開発目標に沿ってその本質を考えていく。

どこも同じ社会問題を抱える地域の中で、事の本質は何なのかを目を背けずに
考えることは、きっとこの先とても大切な視点だなぁと痛感しました。
そして、地方創生におけるSDGsカードゲームを考案したのは筧さんだったの
だと知り、定期的にそのノウハウを学ぶ講座をしていることがわかったので
私もいつか受講してみたいと思います。

そんなこんなであっという間に1時間が終わりました。
皆さん真剣に聞いていたんだろうかと不安になりましたが、スタッフの一人
から「熱心にメモ取ってましたよ」と聞き安堵しました。

インタビュー対談中の会場の様子。皆さん真剣に?聴いていただいてました。

2部は会場側から筧さんと私に向けてのインタビュー。
それぞれ悩んでいることや聞きたいことを素直にぶつけ、筧さんがそれに対して
考えて答える。そばで聞いてましたが、悩みの源流をたどり、そこにアプローチ
する姿勢はとても勉強になりました。
最後には、チーム俵トレイル部の山口部長からも質問があり、筧さんから学んだ
視点はきっと俵ヶ浦半島にも生かされることでしょう。

会場から筧さんへのインタビュー風景。熱心な質問がたくさんでました。

チーム俵トレイル部山口部長から筧さんへのインタビュー。

インタビューが終わってからは、何人もの方がご挨拶に来ていただき、
地方創生についての意見交換ができました。筧さんも引っ張りだこで、
ご来場の皆さんも多くの気づきを得ることができたのではないかと思います。

インタビュー後は地方創生に取り組む仲間達が積極的に交流していました。

始まる前は不安でいっぱいでしたが、蓋を開けてみればたくさんの気づきを得る
ことができました。私自身、地方創生のプロデューサーとして取り入れたい、
改善したいことがたくさん生まれましたし、俵ヶ浦半島活性化に向けても自信を
持って良い部分とこれからのアプローチが明確になりました。
筧さん、ありがとうございました!

筧さんとのツーショット。かなり表情が硬いですね・・・

このページの先頭へ戻る