俵ヶ浦半島の魅力発信!!|チーム俵

Blog&News

Blog & News

November 12 2019

「チーム俵」トレイル部 部長/農家・山口昭正さんが、「新鹿果物」代表(三重県熊野市)・近藤久史さんに聞く、「持続可能な生業のつくり方」

佐世保市・俵ヶ浦半島で農家として働きながら、地元の若手メンバーによって結成された「チーム俵」でトレイル部の部長を務めるなど、地域活動にも積極的に参加してきた山口昭正さん。両親が営んできた農業を自らの生業に選び、さまざまな問題意識や悩みを抱えながら、新たな挑戦を始めようとしている山口さんが、三重県熊野市の新鹿町で果樹園(新鹿果物)を営む近藤久史さんのもとを訪ねました。地域おこし協力隊としてこの地に移り住み、現在はみかん農家の他にSUPインストラクターとしての顔も持ち、さらにゲストハウスの運営もスタートさせようとしている近藤さんに、同業者である山口さんが、持続可能な生業のつくり方や、地域活動へのスタンスなどについて話を聞きました。

Q.近藤さんは、地域おこし協力隊として新鹿町に来られたそうですが、なぜこの地域を選ばれたのかを教えてください。

近藤:海がそばにあったことと、実家からの距離が近かったというのが大きな理由です。もともと、オーストラリアや東南アジアなどにサーフィンをしに行くくらい海が好きで、以前に東京で働いていた頃も神奈川県の鵠沼海岸に住み、波乗りをしてから有楽町の職場に通っていました。だから、自分にとっては日常の中でサーフィンなどができる環境というのが何よりも大切だったんです。

インタビューは、近藤さんの果樹園を臨む場所で和やかに行われました。左から、近藤久史さん、山口昭正さん、山口郁さん、近藤明美さん。

 

Q. そうなんですね。私が住んでいる俵ヶ浦半島にも朝釣りをしてから、佐世保市内の造船所に勤めている人がいます。

近藤:当初は移住先として沖縄なども視野に入れていたんです。一方で、住まいが実家から近いというのは何かと便利なんですよね。ここに来る前は、妻の実家がある三重県の伊賀で農業をしていて、僕も同じ三重の津出身なのですが、いまも地元でイベントをしたりしていて、色々なつながりがあるんです。そういう意味では伊賀もとても良いところでしたし、有機農業も盛んな場所だったので色々な学びもありました。ただ、いかんせん近くに海がなくて(笑)。いま振り返ると、自分の人生の中で最も海から離れていた時期だったかもしれないですね。

近藤さんは、定期的に地元・津をはじめ、各地のイベントに出店している。

 

Q. 新鹿に移住をして、果樹園を営むようになるまでにはどんな経緯があったのですか?

近藤:当初はみかん農家になろうとは特に考えていませんでした。ただ、もともと農業をしていたので、新鹿で農家になるならこの地に適したものを育てたいという思いは漠然とあって、そのひとつとして柑橘類というのがあったんですね。もともとこの果樹園は、80歳を超える地元の農家さんのものだったのですが、最初にみかん畑をやってみないかと言われて連れてこられた時に、この景色にとても感動したんです。また、かつてこの辺りにも段々畑でみかんを育てていた農家さんがたくさんいたのですが、作業効率の悪さなどからどんどん辞めてしまい、いまではこの果樹園を残すだけでした。この素晴らしいみかん畑は未来に残す価値があると思ったし、その農家さんもとても良い方だったので、自分がここを引き継ごうと決心したんです。

近藤さんが感動したという、果樹園からの景色。

 

Q .うちは両親も農家なのですが、この畑を守っていきたいという思いは、私が農業をしている動機のひとつになっています。土地の歴史などを知れば知るほど、そう簡単にやめるわけにはいかなくなるんですよね。一方で、農業は自然災害などで作物が収穫できない時などもありますし、専業で取り組むのは非常に厳しい仕事でもあると感じています。そうした理想と現実のギャップを埋めて、収入的にもメンタル的にも安定させるために、農業以外の仕事も持っておきたいという思いがあり、遊漁船の営業を始めようかと考えているところです。近藤さんは新鹿に来て、農業の他にSUPのインストラクターなどもされているそうですが、農業とそれ以外の仕事のバランスはどのように考えているのですか?

近藤:仰るように農業という仕事はとても難しいところがあるし、ビジネスとして考えると効率は非常に悪いですよね。ただ、それらとは比べられない魅力もある仕事で、僕が農業を好きな理由のひとつは、周囲の人間関係などに左右されず、自然と向き合う中で自分の軸が持てるところなんです。やはり自分としては、みかん農家を軸に生きていきたいという思いが強く、この畑を残すためにSUPなどの仕事を通して現金をしっかり得ていこうと考えていますし、常に複数の財布が持てるように意識しています。今後その財布が増えすぎてしまったらどうなるんだろうという心配も若干ありますが(笑)。

近藤さんがSUPのフィールドにしている新鹿海水浴場。この日もSUPをする人がチラホラ。

 

Q. これからゲストハウスの運営もされるそうですね。

近藤:はい。そのために物件を購入したのですが、2階をゲストハウスとして通年で営業し、1階は夏季限定で飲食営業をしようと考えています。熊野に来てすぐに別の場所で民泊をしたことがあるのですが、ゲストハウスというのは極端な話、チェックインの時に「ハロー」と言ったら、あとはチェックアウトの時に「グッバイ」と言えば良くて、意外と手間がかからなないんです(笑)。これからは宿泊客をSUPにも誘導したいと思っているのですが、どちらもみかんをつくるよりははるかに効率が良いんですよね。非効率だけど自分が好きな農業を生業にしているからこそ、効率の良いビジネスを並行させることでバランスを取っていきたいと考えています。今後は収入的に農業よりも観光業が上回る可能性もあるかもしれませんが、自分の気持ちの軸は常に農業に置いておきたいと思っています。

近藤さんが購入し、現在改装中の物件。道を挟んだすぐ目の前に海水浴場が広がるという最高の立地。

Q. 巷では六次産業ということも言われていますが、サービス業との組み合わせはますます大切になってくると感じています。その時に、この新鹿町や私が暮らす俵ヶ浦半島というのは、勝負がしやすい環境にありますよね。実は、以前に農業と並行して福祉関連の事業をやっていた時期があったのですが、自分たちの見通しが甘かったこともあり、続けていくうちに心労ばかりが溜まってしまい、結局上手くいきませんでした。だからこそ今回は、自分の趣味でもあった釣りを仕事につなげられないかと考えたんです。

近藤:複数の仕事を持つ時には、そうしたモチベーションも大切ですよね。農業は魅力的な仕事ですが、リスクも大きいからこそ、何かをきっかけに簡単に嫌いになってしまう仕事でもあると思うんですね。実際に伊賀にいる時に有機農業推進協議会の事務局を担当したことがあり、そこで農家を辞めてしまった人たちの話もたくさん聞きました。だからこそ、農業を嫌いにならないように他の仕事でバランスを取ることが大事だと思うし、僕の場合はそれをもともと好きだった海でやっているんです。また、農業に関しても、各地のイベントに積極的に足を運んで直接お客さんとコミュニケーションを取ることがモチベーションになるし、日々の農作業についても、かつてサーフィンをしによく行っていたインドネシアの雰囲気を少しでも思い出すために、畑にバナナの木を植えてテンションを上げていたりするんです(笑)。

半島での農業の話をする山口さん。

Q. 農業以外の事業を並行していくためには、当然その分の時間をつくらないといけないわけですが、仕事をうまく回していくために工夫していることがあれば教えてください。

近藤:まずは先ほど少し話したように、あまり手間がかからない仕事を選んでいるという前提がありますが、もうひとつ僕の場合は、季節によって仕事を分けているところがあります。みかん農家の繁忙期は11月から4月までで、夏場の主な仕事は草刈りなどになるので、空き時間にコツコツやればなんとか対応できるんです。また、ゲストハウスに関しては、宿泊客を1組限定にするつもりです。というのも、例えば宿泊料金を均一で15,000円にしておくと、4、5人で使えばゲストハウスの相場程度の金額になりますし、逆に余裕がある人は1、2人でも貸し切りにしますよね。要は、確実に15,000円以上収入が得られるということがわかっていれば、こちらとしても農作業を中断して対応する価値があると。少しいやらしい考え方ですが(笑)、自分の行動の値段を決めるということですよね。安定した収入を得ることが副業の目的なので、その辺はシビアにやらないと難しいですよね。

Q. SUPの方はどのような形で運営しているのですか?

近藤:SUP体験は一人6,400円で、登録しているレジャー・アウトドア体験の予約サイトから申し込まれる方が多いです。このサイトには、ユーザーが日時を指定できる「予約制」と、サービス提供者にスケジュールの確認確認が必要になる「リクエスト制」があり、サイトの運営サイドには、なるべく即予約OKにしてほしいと言われるのですが、僕は農家をしているのでそちらの状況次第で対応できるかどうかを判断できるようにしています。また、普段から波の状態などを見られる場所で働いているということも大きくて、もしこれが畑から離れた場所まで行かないとサービスが提供できないという形だったら、負担的にもかなり厳しいだろうなと。

Q. 時間のやりくりが大きな課題だと思っていたので、とても勉強になります。今後遊漁船をやるとしたら、仕事をしない夜の時間帯に、夜釣り用に船を出すのが良いかなと考えています。もしかしたら、朝夜2便出すということも考えられるのかもしれないですが、その辺はある程度慣れてきてからかなと。

近藤:その方が良いと思います。僕も当初はSUPを1日3ラウンドやっていて、お客さんはたくさん来てくれるのですが、炎天下で3回同じ説明をして同じコースに出ると、さすがに草刈りをする体力が残らないので(笑)、いまは最大でも2ラウンドまでにしています。あと、仕事の他にも本を読んだり、映画を観たり、やりたいことはたくさんあるので、いかに時間を効率良く使えるかということは常に考えますね。例えば、農薬散布など時間がかかる作業がある時には、SUPの時間から逆算して朝4時くらいから作業を始めるなどしています。そういう日はさすがに午後にはフラフラですが(笑)。

新鹿海水浴場は波が穏やかなのでSUPには最適。

Q.私たちは、俵ヶ浦半島の地域おこしを目的にした「チーム俵」という若手のグループをつくって活動しているんですね。一方、半島には僕らよりも年上の方たちを中心とした町内会的な存在もあり、世代の異なるグループ同士がいかに良い関係性を築けるかということが大切だと感じています。近藤さんは、こうした地域との関係づくりという点では、どんなことを意識していますか?

近藤:僕は地域おこし協力隊として移住してきたので、当初は新鹿のことを知りたいという思いが強く、地域にかなり深く入っていきましたが、協力隊の任期を終えたいまは、適度な距離感というものを意識しています。僕も青年団などに入っているのですが、いまは地域活動よりも自分がやっていることをしっかり表現することを優先したいので、忙しい時は休みますと気兼ねなく言えるようなスタンスを取っています。何者かもよくわからない人間としてではなく、みかん農家やゲストハウスを運営している近藤久史として、地域の活動に関わっていきたいという思いがあるんです。まずは自分のバックグラウンドがあった上で、力になれそうな地域活動には関わりたいですが、完全なボランティアとして地域に関わるというのは継続性が生まれにくいですし、少し違うかなと思っているところがあります。

Q. 非常によくわかります。とはいえ、どんなに仕事が忙しくても、立場上出ていかないといけない地域の活動などもあり、その辺はなかなか悩ましいところです(笑)。私たちの地域でもボランティアで草刈りをしていたところがあったのですが、高齢化が進むにつれて参加できる人が少なくなり、継続が難しくなりました。そういう作業は行政にお願いするか、あるいは自分たち「チーム俵」の事業として受けていけないかと考えています。

近藤:僕はお神輿が好きで、移住してきた時に地域の人たちと深くつながるひとつのきっかけにもなったのですが、この辺りでも同じように高齢化が進み、最近は担ぎ手不足という課題があるんですね。それを解決するための自分なりのアイデアというのを実は持っているのですが、自分がもう少し新鹿で継続的に事業を営み、近隣の人たちから信頼が得られた段階で、改めて地域に対して提案ができるようになるといいなと思っています。

山口さんの奥さん、郁さんもインタビューに参加しました。

Q.地域の中での発言力を高めたいという思いがあるのですね。最後に、行政との関わり方に関して、何か意識していることがあれば聞かせてください。

近藤:最近は行政の方が相談に来てくれる機会も多く、もちろん協力できることはしたいのですが、一方で自分がやりたいこともあるのでお断りすることも少なくありません。仲が悪いわけではないのですが、いまは協力隊ではなく、個人事業主として動いていることもあって、自分がワクワクできないことや未来が見えないことには参加しないようにしています。もちろん、自分が住み続けていく地域にはより良くなってほしいのですが、最近は移住者を募るための成功事例として扱われるようなことも多く、それはちょっと違うかなと。僕は成功しているわけでも余裕があるわけでもなく、いままさに挑戦中なんです。これからの地域活性というのは、そこでしっかりとお金が循環し、新しい仕事が生まれるようなものにしていくべきだし、関わる人たち全員に意味があるような関係性を、地域と築いていきたいですね。

「半島農家・山口昭正さんの熊野(三重県)訪問記」はこちら

 

プロフィール

インタビューされた人
近藤久史さん 「新鹿果物」代表 / 三重県熊野市

三重県津市生まれ。オーストラリアに4年間留学し、“海のある暮らし”を経験したのち地元津市に戻る。有機農業の研修を受けながら、2012年から仲間と地元を盛り上げるため「久居げんき会」を結成。現在も続く「グリーンフェスティバル(久居まつり」」に実行委員長として携わる。津市は内陸で海がないため“海のある暮らし“を求め、2015年に熊野市へ移住。地域おこし協力隊時代に後継者がいない果樹園を引き継ぐ。「人と人、食卓と地域をツナゲル」をコンセプトに農業×観光業を営む。果樹園経営のほかに大好きな海を活用したSUP体験や集落案内といった「アウトドア体験サービス」も提供中。農産物を活用した海のみえるcafe&guesthouseの開設も進めている。
https://newdeer.jimdo.com/

インタビューした人
山口昭正さん 「チーム俵」部長、農家

長崎県佐世保市生まれ。大学卒業後、佐世保市のスポーツ用品店に就職、30歳で家業を継ぎ就農。俵ヶ浦半島は、昔から半農半漁で暮らしてきた地域で、海が凪ぎで潮の良い日には漁に出て磯で獲れるウニや天然牡蠣も家計を支えている。子供たちが「ここに帰ってきたい」と思えるような暮らしをどうやって作っていけばよいのか、半島だからこそ実現できる暮らしを模索中。資格を取得して遊漁船業にも挑戦する。

November 1 2019

気づきの多かった「半島meets公開インタビュー」、盛会のうちに終了。

俵ヶ浦半島活性化プロジェクトのサポートチームリーダー、
株式会社ルーツ・アンド・パートナーズの佐藤です。

先日の10月29日、佐世保市万津町のBRICKMALLにおいて、
半島meets…の公開インタビューイベントが無事に終了しました。

テーマは「計画を実行するうえで大切なこと」。
俵ヶ浦半島の活性化に当事者としてではなく、住民参加による計画づくりや
プロジェクトの実走を外部の立場からサポートするプランナー・プロデューサーの
視点から、改めて事業を振り返り、ヒントを得ようという企画。

対談相手は、ソーシャルデザインの実践と研究を重ね、全国の地方創生プロジェクト
にも多く取り組んでいるissue+designの筧 裕介さん。
私も気がつけば、筧さんの書籍は何冊も愛読しており、高知県佐川町の総合計画
づくりをケーススタディにした「みんなでつくる総合計画」は、俵ヶ浦半島の
未来計画を作るうえでとても参考にさせていただきました。

そんな私にとっては、地方創生の先生である筧さんを相手に2人きりで対談し、
しかもその対談を地方創生に関心のある人達に公開するなんて、もうプレッシャー
でしかありませんでした。もちろん、俵ヶ浦半島の計画から実践までをずっと
関わってきた立場として聞きたいことがないわけではなく、解決できずにモヤモヤ
することや同じプロデューサーの立場として筧さんならどうするんだろうと思いを
巡らせることはたくさんあります。

もうあまり人の目は気にせずに、私自身が俵ヶ浦半島をはじめ、地方創生に関わる
中で感じていることや疑問に思っていることをぶつけてみようと開き直りました。

そして迎えた当日。地元佐世保市をはじめ、県内・佐賀県からも参加があり、
スタッフも入れると50名近くの参加者で会場は埋めつくされました。

会場の様子。地方創生に興味ある参加者に多数ご参加いただきました。

今回のインタビュー企画をプロデュースしてくれた、カンバセーションズの狩野さん
の開会挨拶でスタート。

司会進行を務めたカンバセーションズの狩野さん。

まず最初に、俵ヶ浦半島活性化プロジェクトの経緯について、佐世保市集落支援員
である富田さんに説明してもらいました。トレイルづくりから始まり、地域の課題
を解決するべく半島の未来計画づくりに着手し、そして計画に基づいた活性化
プロジェクトのこれまでと現在について。
改めて振り返ると、「色々と取り組んできたなぁ」としみじみ。

俵ヶ浦半島活性化プロジェクトの説明をする集落支援員の富田さん。

そして、いよいよ筧さんとの公開インタビュースタート。
今回私が用意したのが、「筧さんに聞きたい5つのこと」。
筧さんの地域づくりへの関わりからお尋ねし、半島未来計画の参考になった
高知県佐川町を事例とした住民をやる気にするための計画づくり、
計画から実践へと地域づくりを続けるためのポイントやチームづくり、
そして近年筧さんが注力している地方創生とSDGsまで。
あとは話を進める中で脱線しながら肉付けしていこう、そんな気持ちで臨みました。

インタビュー対談の様子。手前が私、奥が筧さん。

インタビューをする前は、筧さんが果たしてどんなスタンスで、深さで、
考え方で、地域と向き合っているのかがずっと気になっていました。
もしかすると、専門家としての確固たる考えがあり、地域や行政に対しても
こうしなければならない!そんな人なのかもと。。。

でも、完全なる杞憂に終わり、地域に対して寛大な心と柔軟性を持った人だなぁと
びっくりしました。それもこれも、高知県佐川町で地域に入り込んで、色々と試行
錯誤を繰り返してきたからこそ見えているものを感じました。

私がプロデューサーとして最も感銘を受けたことは、住民のやりたいことを実現
することが第一だということ。ともすれば、私のようなコンサル的な立場や専門家
が地域に入ると、「これが答えだ!」「こうした方が良い」「市場はこうなって
いる」と言いがちなところがありますが、筧さんはアプローチが全く逆でした。

住民がやりたいことを可視化する、その想いを引き出すための場づくりを徹底的
に準備し、目標やイシューへと落とし込む。そのやりたいことがまとまって
きたら、緩やかに同じ方向を向くためにビジョンを添えてあげる。

佐川町の発明ラボのお話では、住民の作りたいものをまずは丁寧に聞いて、実践
する環境を作って、そしてプロトタイプができた段階で専門家のスキルを借りて
仕上げていく。専門家の関わりも、あくまで住民の想いを可視化する最終段階。
住民のやりたいことが湧き出る「地熱」を生み出すためのアプローチがなんとも
明快で、ずっと話を聞いていたいと思う時間でした。

高知県佐川町の発明ラボの事例。住民のやりたいことをいかに可視化するか、とても参考になる事例でした。

もう一つ印象に残ったのが、地方創生にSDGsの考え方を取り入れたアプローチ。
目の前にある課題に対して解決策を考えるのではなく、その課題を引き起こして
いる原因は何か?SDGsの開発目標に沿ってその本質を考えていく。

どこも同じ社会問題を抱える地域の中で、事の本質は何なのかを目を背けずに
考えることは、きっとこの先とても大切な視点だなぁと痛感しました。
そして、地方創生におけるSDGsカードゲームを考案したのは筧さんだったの
だと知り、定期的にそのノウハウを学ぶ講座をしていることがわかったので
私もいつか受講してみたいと思います。

そんなこんなであっという間に1時間が終わりました。
皆さん真剣に聞いていたんだろうかと不安になりましたが、スタッフの一人
から「熱心にメモ取ってましたよ」と聞き安堵しました。

インタビュー対談中の会場の様子。皆さん真剣に?聴いていただいてました。

2部は会場側から筧さんと私に向けてのインタビュー。
それぞれ悩んでいることや聞きたいことを素直にぶつけ、筧さんがそれに対して
考えて答える。そばで聞いてましたが、悩みの源流をたどり、そこにアプローチ
する姿勢はとても勉強になりました。
最後には、チーム俵トレイル部の山口部長からも質問があり、筧さんから学んだ
視点はきっと俵ヶ浦半島にも生かされることでしょう。

会場から筧さんへのインタビュー風景。熱心な質問がたくさんでました。

チーム俵トレイル部山口部長から筧さんへのインタビュー。

インタビューが終わってからは、何人もの方がご挨拶に来ていただき、
地方創生についての意見交換ができました。筧さんも引っ張りだこで、
ご来場の皆さんも多くの気づきを得ることができたのではないかと思います。

インタビュー後は地方創生に取り組む仲間達が積極的に交流していました。

始まる前は不安でいっぱいでしたが、蓋を開けてみればたくさんの気づきを得る
ことができました。私自身、地方創生のプロデューサーとして取り入れたい、
改善したいことがたくさん生まれましたし、俵ヶ浦半島活性化に向けても自信を
持って良い部分とこれからのアプローチが明確になりました。
筧さん、ありがとうございました!

筧さんとのツーショット。かなり表情が硬いですね・・・

公開インタビューはこちら
「俵ヶ浦半島活性化プロジェクト」プロデューサー・佐藤直之さんが、issue + design代表・筧裕介さんに聞く、「計画を実行する上で大切なこと」

October 15 2019

「半島Meets…」公開インタビューイベント開催!


2017年より進めてきた「俵ヶ浦半島活性化プロジェクト」。

当初からプロデューサーとして携わってきたルーツ・アンド・パートナーズの佐藤直之さんが、プロジェクトを進める中で見えてきた課題や問題意識をベースに、issue+design の筧裕介さんに公開インタビューを行います。

インタビューという対話を通して見えてくる、地域活性化におけるリアル。各地でまちづくりに取り組む人たちにとっても、何かヒントを得られる機会になればと思っています。ソーシャルデザインやまちづくり、課題解決の方法などに興味がある方はぜひお越しください。参加者の皆様から筧さんへのインタビューや交流の時間もご用意しています。

参加のお申込みはこちらから

▼ インタビューする人
佐藤直之(さとう なおゆき)
(株)ルーツ・アンド・パートナーズ 代表取締役
大阪府生まれ。2004年に建設コンサルタント会社に入社、九州各地の公共交通の再生プロジェクトや交通政策、まちづくりプロジェクトに従事。「地域に密着したまちづくりに関わりたい」という思いから、九州大学の博士課程に入学。NPO法人や地域活性化プロジェクトの事務局長を複数務めながら、福岡市や唐津市、佐世保市などの地域密着型のまちづくりに携わる。2010年、唐津市に設立されたまちづくり会社に入社。商店街再生、集客事業、建物のリノベーション・再生をはじめとして、中心市街地活性化に関する様々なプロジェクトの企画・プロデュースにどっぷりと浸かり、地域密着型のまちづくりの難しさ、やりがいを学び、まちづくりプロデューサーとして独立の道を決断する。2013年にRootsを開業、2016年、株式会社ルーツ・アンド・パートナーズを設立。
「俵ヶ浦半島活性プロジェクト」では住民をサポートするチームのリーダーを務める。

▼ インタビューされる人
筧 裕介(かけい ゆうすけ)
issue+design 代表 / 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任教授/博士(工学)
一橋大学社会学部卒業。東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。2008年issue+design 設立。以降、社会課題解決、地域活性化のためのデザイン領域の研究、実践に取り組む。
著書に『持続可能な地域のつくり方』『ソーシャルデザイン実践ガイド』『みんなでつくる総合計画』『震災のためにデザインは何が可能か』など。グッドデザイン賞、日本計画行政学会・学会奨励賞、カンヌライオンズ(仏)、D&AD(英)他受賞多数。2019年7月より慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任教授。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼ 「半島 Meets… 」俵ヶ浦半島の未来を考える対話
2017年3月に半島住民総出で作成した「俵ヶ浦半島未来計画」 。
計画を実現するために、 私たちはこれまでさまざまな活動に取り組んできました。一方で、 活動を進める中で見えてきた新たな課題や悩み。
「半島 Meests…」では、プロジェクトメンバーが、 立場ごとに抱える課題や問題意識をベースに、 さまざまな地域の人と対話を行います。インタビューを通じて俵ヶ浦半島の未来の可能性を見出すとともに 、全国各地でまちづくりに取組む人たちにとって、 少しでもヒントとなることを願っています。

※「半島Meets…」は、「俵ヶ浦半島活性化プロジェクト」と「Qonversations」のコラボレーション企画です。

▼ Qonversations
「問い」をカタチにするインタビューメディア。事業やプロジェクトのアイデア(問い)を、インタビューを通じてカタチにする共創のプラットフォームとして、クリエイターや企業経営者らのサポートを行っている。
http://qonversations.net/

ーーーーーーーーーーー
イベント概要
ーーーーーーーーーーー
日  時|2019年10月29日(火)18:30~21:00(開場18:00)
場  所|BRICK MALL SASEBO (長崎県佐佐世保市万津町2-8)
アクセス|「JR佐世保駅」から徒歩10分
定  員|50名
参加料金|無料
参加申込|Peatixイベントページよりお願いします。
主  催|一般社団法人チーム俵
協  力| 佐世保市政策経営課、(株)カンバセーションズ、(株)ルーツ・アンド・パートナーズ

ーーーーーーーーーーー
タイムスケジュール
ーーーーーーーーーーー
18:00~ 開場
18:30~ オリエンテーション
19:00~ 公開インタビュー
20:00~ 参加者からのインタビュー
21:00 閉場
ーーーーーーーーーーー

※本イベントのレポートは、後日チーム俵のSNSや佐世保市役所関連の媒体等に掲載される予定です。イベント当日は、客席を含む会場内の写真が使用されることがございますので、予めご了承ください。

September 21 2019

第16回・展海峰コスモスウォークを開催!

第16回目を迎える俵ヶ浦半島の秋の風物詩、「展海峰コスモスウォーク」を10月13日(日)に開催します。

昨年3月の菜の花ウォークは天候不良のため中止となってしまいましたが、その分皆様に楽しんでいただけるよう、スタッフ一同企画・準備を進めています。

今回のウォーキングは、「俵ヶ浦町 歴史遺産トレイル」を歩く、全長10キロのコース。アップダウンのあるコースですが、折り返し地点となる日本遺産「佐世保要塞 丸出山観測所跡」では、九十九島の絶景が待っています!

また、メイン会場となる展海峰では、地元のお母さん方により結成された「たわらんだマザーズ」により開発中のおこわが初登場!そして、半島特製の押し寿司や前回好評だった鶏の炭火焼きなども。ウォーキング参加者限定で、半島の特産品が当たる抽選会も実施します。

もちろん、ウォーキングに参加されない方でも気軽に俵ヶ浦半島・展海峰に遊びに来てくださいね。

スタッフ一同お待ちしています!

*小雨決行です!中止の場合は当Facebookにてお知らせします。
*当日は近隣駐車場、周辺道路が大変混み合いますので公共交通機関や九十九地区公民館の特設駐車場、無料シャトルバスをご利用ください。
その他詳細は添付のパンフレットご参考ください。

September 9 2019

木のものづくりプロジェクト/バードコールの試作

俵ヶ浦半島は九十九島や佐世保港を臨む景色が自慢のエリア。
チーム俵トレイル部では、そんな美しい眺望を邪魔している樹木を伐ったり、トレイルコース上に、ゆっくり景色を楽しんでいただく休憩スポットを整備しようと、ベンチを作って設置するなど、俵ヶ浦半島の魅力アップに取り組んできました。

こういった活動を続けていくには、担い手や資金が必要です。

そこでトレイル部では、景観のために伐採した木を使ってオリジナル商品を作ろうと、「木のものづくりプロジェクト」を進めています。

佐世保市内で自然体験活動やクラフトを行っている岩下直人さんに講師をお願いして、まずはアイデア出しから。地元のタブやカシ、マテバシイ、ヤブツバキなどの自然木から、みんなで楽しく作れて、半島に遊びに来る人達にも喜んでもらえるものを考えました。
大きな材は丸太のまま使ってベンチに、子供たちが安心して遊べる積み木は? 半島で遊んでもらえるバードコールもいいね!
たくさん出されたアイデアから、今回「バードコール」の試作品を作ってみることに。


旧野崎中学校の木工室を借りて、手持ちの工具や照明を持ち寄り、伐採したヤブツバキを加工します。


最初に岩下さんから、木の特徴や乾燥について、製造工程や工具の使い方、けがをしないように注意点などのレクチャー。

そして早速バードコールづくりへ。


材料は2年前に展海峰のツッテホッテ裏の眺望を確保するために伐採したヤブツバキを活用。様々な枝ぶりの中でも、虫喰いがなく、手頃な形状の箇所を探しながら、それぞれイメージする大きさでカットしていきます。中には久しぶりにノコギリを持った人もいて、感覚を思い出しながらの作業となりました。


バードコールを作ろうと決まった後、すぐにたくさんの試作を始めていた中里孝喜さん。日曜大工が趣味とあって、慣れた手つきでみんなをリード。


同じくすでにバードコールの試作をしていた金子享さん。
「うちの近くの裏山で鳴らしてみたら、すぐ鳥が鳴いて上空に来ましたもんね。」と楽しそう。
俵ヶ浦半島には野鳥も多く、半島の自然環境を楽しむツールになりそうです。


作業時間は10分程度で、開けた穴にアイボルトをねじ込むと完成。
「材料が違うとだいぶ音が違うばいね。」「こっちの方が音が高くてキレイかね。」と、すぐに綺麗な音があちこちで鳴り始めました。


あとは削ったり磨いたりしながらオリジナリティを出していきます。みなさん集中しながら作業を進行中。


トレイル部部長で農家の山口昭正さんは、
「木で作った商品は腐らず長くもつのがよかですね。伐採木を活用すれば“俵ヶ浦半島産”としても売り出せますし。次はもう少しアレンジを加えてみて、アクセサリー感覚で持てるようにしても、よかかもしれんですね。」と、商品化に向けてイメージを膨らませます。

皆さん久しぶりの木工作業に熱中してあっという間に予定の2時間となりました。

トレイル部副部長で木のものづくりプロジェクトの主担当、長嶺達夫さんは、
「今日はみんなに楽しんでもらえてよかったです。続けていくためには、半島の皆さんに楽しんでもらうことが最初の一歩ではないかと思っています。ただ、これからは売り方が大事で、説明書きやパッケージのデザインなども大事だと思います。実際この商品をどのように売り出していくか、今後検討していきたいですね。」と話してくれました。

講師の岩下さんからは、
「販売の方法や数量などによって手間のかけ方も変わってきます。もちろん、作業の安全面を確保することも重要。伐採木の乾燥も数年かかるので、計画的な材料の確保も必要ですね。継続的に行っていくためにも、俵ヶ浦半島に適した生産方法を検討していかなければなりません。」と、アドバイスをいただきました。


木のものづくりプロジェクトは、商品化に向けた次のステップへ。
俵ヶ浦半島ならではの商品を皆さんに早くお披露目できるよう、進めていきたいと思います。

Category

  • 半島Meets…
  • PICK UP
  • Topic|半島の旬
  • Eat|味わう
  • Play|遊ぶ
  • Life|暮らす
このページの先頭へ戻る