ヒトがオモテ 俵ヶ浦半島

Blog & News

俵ヶ浦半島に海の幸の季節が到来。

冬の九十九島で絶品グルメといえば「九十九島牡蠣」。九十九島の波静かな海域で育てられ、干満の差が大きく栄養豊富な海水で育ったため、濃厚ながら癖のない味わい。

九十九島に面するここ俵ヶ浦半島も、九十九島牡蠣養殖のメッカ。半島内には3つの牡蠣小屋があり、腕の確かな地元のおいちゃん達によって、ぷりぷりで濃厚な牡蠣が育てられています。入江に浮かぶ小屋で黙々と働く姿、牡蠣を打つ音は半島の冬の風物詩。展海峰のカキ小屋では、地元で育てられた九十九島牡蠣がお手頃な値段で食べることができます。是非半島自慢の食を味わいにお越しください。

Photo / Koichiro Fujimoto


牡蠣の殻を綺麗に掃除。職人によるスピード技。


栄養豊富な海水で養殖される牡蠣。


絶品九十九島牡蠣を作る、地元のおいちゃん達。


九十九島の静かな海域で牡蠣は育てられている。


絶品の九十九島牡蠣は展海峰のカキ小屋で食べられる。

半島キッチン ツッテホッテに秋のドリンク登場。

今年4月にリニューアルオープンした「半島キッチン ツッテホッテ」。

地元で採れる山・畑の幸、地元で釣れる海の幸を生かしたお店づくりをコンセプトに、看板メニューである俵コロッケ、フィッシュ&チップスのほか、季節に合わせた商品開発も行い提供しています。

そしてこの秋、新メニューとして誕生したのが秋の酵素ドリンク。ぶどう、なし、いくり(スモモ)、びわをブレンドしたツッテホッテオリジナルのドリンクです。彩鮮やかなドリンクということもあり、SNSでも大変ご好評いただいております。九十九島の景色とともに、心も体もリフレッシュしにツッテホッテへお越しください。